七年に一度の盛儀に。

4月に入り、長野市内のどこもかしこも車が多いな。なんてことを感じています。
4.17は3年ぶりとなる長野マラソンの開催。
そして4.3~6.29まで善光寺御開帳が行われています。

回向柱に触って御利益をと思っていましたが、前回の光景を思い出すとなかなか足が向きません。
でも、平日で早朝なら!と思い、4月中旬に行ってきました。

予想的中。しっかり回向柱を触る事が出来ました。
途中、山門を通り通学する小学生に挨拶しながら行ってきました。
(この時間に行った事がなかったので新鮮でした。山門を通り通学、いいですよね)

幾度となく善光寺を訪れていますが、清々しい(朝早いからかも)
一日を送れました。
もう一度、いく機会を見つけ、今度はこの
限定品購入してきます。

        二世帯住宅マイスター ツキオカ

四季折々。

ふと、携帯の写真を見ていたら約1か月半前の写真が出来てきました。実家に帰った時の様子です。今シーズンは例年になく、雪が多かった!

アスファルトの部分が見えているのが国道で、道路に面したお隣さんのガレージは雪に埋もれていました。今は桜満開で春を感じる時期ですし、もう少しすると木々の芽吹きを感じつつ初夏を感じる季節になります。1.5ヶ月前、今と全然景色が違います。

以前、京都からIターンされ長野県内で新築されたオーナー様と「なぜ長野県だったんですか?」と聞く機会がありました。「一年を通して四季折々の変化が素晴らしいんです。」「夏熱いし、冬は雪も降るしすごく寒い、梅雨もあって大変だけど、この変化が景色の変化につながって、採れる野菜や果物のその変化でより美味しいんです」

なるほど、なるほどと長野の良さを感じた瞬間でした。雪が沢山降って大変だけど、春を迎えた瞬間の感動は長く待ち続けた分格別ですし、雪が沢山降ってくれたことで、田畑の水確保(実家の方には、山の山頂に貯水池があるんです)につながる。

咲き始めた桜とちょっと前に撮影した雪景色をみて、改めてこの長野の良さを感じた瞬間でした。

                     二世帯住宅マイスター ツキオカ